うんちぶりガブリアス

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うんちぶりガブリアス

ガイジの備忘録的な何か

ひまつぶしひつまぶし 其の二

どうもかわです。

前回


の続きです。

 

南館を出ると今度は橋を渡って隣接しているポートビル7階の展望台に行きます。

f:id:kawaimpotent:20160817003132j:plain

この橋から眺める景色も中々に良かったです。

 

 

展望台では名古屋港周辺の景色を一望できます。

f:id:kawaimpotent:20160817003211j:plain

南極観測船ふじも鳥瞰してみることができます。

上から見るととても壮観です。

 

余談ですが其の一で載せた名古屋港水族館の写真もここで撮りました。

 

展望台を後にして次は3階の海洋博物館に行きました。

 

 

ここにはたくさん文字が書いてありました。

30秒で踵を返します。

次です。

 

 

先ほど上から見た南極観測船ふじに行きます。

 

 

ここは個人的に凄く良かったです。

船の中には実際に使われていたものがあり、マネキンによって当時の様子が再現されています。

 

水族館単独券と4施設共通券の差額は400円ですが、400円のためにここに行かないのは勿体ないと思います。

 

 

 

f:id:kawaimpotent:20160817011137j:plain f:id:kawaimpotent:20160817011159j:plain

部屋の中まで丁寧に再現されています。

f:id:kawaimpotent:20160817013421j:plain

こういった寝室を見ると普通のベッドで寝られることが有り難く思えますね。

 

船を出ると甲板に出られます。

 f:id:kawaimpotent:20160817111159j:plain

ヘリコプターがありこれもまた立派です。

みていてワクワクします。

船から見る景色も良かったです。

 

さて、これで施設を全て回り終えたので水族館とはお別れです。

 

時計を見ると14時。

4時間だけの滞在でしたが、いざ帰路につくとなるととても大きな寂寥感に襲われました。

年甲斐もなく帰りたくない、もっと居たいという思いが胸の中に渦巻いていました。

それと同時に、こんな風に寂しがることができる自分がいることをなぜか嬉しくも思いました。 

 

再び余談ですが、僕が好きなBUMP OF CHICKENのrayという曲にこんな歌詞があります。

「寂しくなんかなかったよ ちゃんと寂しくなれたから」

 

一見意味がわかりませんが、寂しくなるれるのは君がいた証拠であるから寂しくはないという意味だそうです。

 

そう考えるとこの寂しさも貴重なものに思えてきますね。

 

 

ところで、実はこの水族館に来たのは初めてではありません。

5年前中学生のときに親に連れられて家族で来たことがあります。

なのでここに来るのは2回目です。

 

ですが、連れてこられるのと、自分で計画して行くのとでは、

感覚的に全くと言っていいほど違いがあります。

また、過去に見た景色をもう一度見ることで、当時の自分を思い出すことが出来たり、独特の懐かしさに似た感動を得ることができると思います。

 

そういう点で、家族旅行で行ったことがある場所に再び行ってみるのも一人旅の醍醐味だと僕は思います。

 

 

さて、そんなこんなで水族館を後にした僕は、

まだお昼ごはんを食べてないことに気づきます。

 

 ということで再び地下鉄名港線名城線に乗り、矢場町駅へ向かいます。

 

矢場町駅に着いたのでついでに隣の松坂屋5階のポケモンセンターにも行ったのですが、如何せん人が多くて何も買わずに回れ右して戻ります。

 

そして食べに来たのが来たのがこちら。

f:id:kawaimpotent:20160817153322j:plain

矢場とんです。(画像は公式サイトからの転載)

ひつまぶしは高いのでまた今度。味噌カツの定食を食べました。

 

前回まで僕は名古屋駅矢場とんでしか食べたことがなかったのですが、

今回は矢場町の本店に行ってみました。

お一人様だったのと時間が遅かったのもあって、ちょうど席が空いていて、

割とすぐに食べられました。

 

印象に残ったのは名古屋駅店と違ってキッチンが丸見えなことです。

待ち時間は作ってるところを見ることが出来ます。

「こうやってつくるのか」と感心しながら見ていました。

 

味は相変わらず美味しかったです。

ご飯おかわり可能なのもGOOD。

 

しかしやっぱり僕はキッチンから離れた場所で静かに食べるのが好きなので、

次からは立地の面からも名駅に行くと思います。

矢場町駅からの行き帰りで汗がだらだらになってしまうので。

 

さて、お腹も膨れて満足したところで次に向かったのは鶴舞公園です。

いい時間になってきて行けるのもあと1つか2つなのでちゃっちゃと周ります。

f:id:kawaimpotent:20160817155435j:plain

公園内にはたくさんの人がいました。

そして案の定みんなポケモンGOをやっています。

まるで任天堂に支配されてるかのような異様とも言える光景でした。

 

比喩が現実とならないことを願います。

 

といいつつも僕もその一員で少しだけポケモンGOをやりました。

f:id:kawaimpotent:20160817160039p:plain

やはり聖地というだけあってポケストップが大量にあります。

 

スマートフォンの充電もなくなってきて、日も暮れ始めたので、

鶴舞公園を後にします。

 

またまた地下鉄名城線に乗り、今度は伝馬町駅に向かいます。

 

そして駅から5分ほど歩いて訪れたのが熱田神宮です。

ここも名古屋観光の定番ですね。

訪れるのは初めてでした。

f:id:kawaimpotent:20160817160916j:plain

敷地に入ると厳かな雰囲気が漂います。

そのまま進み本殿へ向かいます。

f:id:kawaimpotent:20160817161538j:plain

参拝客は意外と少なかったです。

 

二礼二拍一礼をしてお参りをします。

 

お参りをするととても神秘的でいい気持ちになります。

そのため僕は一人で旅行にいくと必ず最後に神社を訪れるようにしています。

 

帰る時間になったのでこれにて名古屋観光は終わりです。

とても満足のいくものでした。

 

また近いうちに旅行に行きたいと思うそんな旅でした。

 

今回は18きっぷでの旅となったわけですが、

個人的に18きっぷでの日帰り旅行はかなりおすすめです。

 

というのも、ノープランでもなんとかなるのとため行動に移しやすいのと、

価格が安くすむため値段における相対的な満足を得られやすいからです。

 

悩みがある方や憂鬱な気分の方は、18きっぷを買って、

なにも考えずに、上りか下りかだけ決めて電車に乗ってみてはいかがでしょうか。

きっと外の世界だけでなく自分の内側にも新しい発見があると思います。

 

 長くなりましたが、ここまで読んでいただきありがとうございました。