うんちぶりガブリアス

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うんちぶりガブリアス

ガイジの備忘録的な何か

【感想】Re:LieF ~親愛なるあなたへ~

エロゲ感想

どうもかわです。

秋も深まり寒くなってきましたね。

風をひかないように気をつけましょう。

 

さて、今回はエロゲをプレイした感想を書きます。

今回プレイしたのはこちら。

f:id:kawaimpotent:20161102152457j:plain

10月発売のRASKの処女作レリーフです。

 

Re:LieF ?親愛なるあなたへ? 通常版
 

 

以下ネタバレなし感想

 

この作品のあらすじをざっと書くと

 

社会生活の中で挫折してしまったり、うまく適応することができなかった若者を対象に、太平洋に浮かぶ島でもう一度学園に通わせてみようという「トライメント計画」。

その参加者のひとりであるヒロイン箒木日向子

f:id:kawaimpotent:20161102163850p:plain

の視点で物語は始まります。

 

その島で行われる学園生活の中で、

グループディスカッションで同じグループになった5人組と親睦を深めながらも成長していく

そんな話です。

 

 

 

この作品をプレイしてまず印象に残ったのが

音楽と作画の美しさです。

体験版をやってみればわかりますが、

美麗なグラフィックとピアノの美しい旋律がマッチしていてプレイしていてとても心地よいです。

 

また、文章も割ときれいで読みやすく、全てにおいてレベルが高いなと感じました。

 

ただし、エロシーンにおいてはあまり期待しないほうが良いです。

というのも、塗りが綺麗なので抜き性能に期待される方もおられるかもしれませんが、

Hシーンが各ヒロイン2つずつの計10個しかないので。

 

あと、ルートの順番について。

どこから進めても良いのですが強いて言うなら

上から日向子→流花→ももの順がおすすめです。

もも√は物語の核心に迫るというかほぼネタバラシをされるので。

 

 

以下ネタバレあり感想

 

 

 

 

 

 

 

 

プレイしててまず感じたのがトライメント計画のきな臭さ。

ネタバレになりますが某ゲーム

f:id:kawaimpotent:20161102173731j:plain

を想起させられました。

 

最初は箒木日向子の語りではじまりますが、

共通ルート後半に入ると主人公である新田司が語り部を務めます。

 

そして終盤にユウの爆弾発言でオープニング「Re:TrymenT」


Re:LieF~親愛なるあなたへ~ OPムービー

 

鳥肌が立ちました。

 

 

 

オープニングが終わると個別ルートに入ります。

 

個別ルートは日向子・流河・ももの3つに分岐して伏線をばらまいたあと

アイルートで回収という形になっています。

 

3つのルートはユイルートの踏み台といっても過言ではないでしょう。

こいうった構成はTrue以外の個別ルートが薄っぺらく感じてしまうこともあり、

賛否両論あると思いますが個人的にかなり好きです。

 

そして物語が終盤に差し掛かると一気に謎が紐解かれエンディングへと展開されていきます。

 

終わりに向かう過程で何個かストーリーに不可解な部分がありました(僕の読み込みが足りないのかもしれません)

が、気にならない程度でした。

 

 

 

その終盤で個人的に一番良かったのは

ユウが歌うデイジーベルです。

f:id:kawaimpotent:20161102201849p:plain

 

ただただ綺麗でその美しさに息を呑みました。

 

ところで余談ですが画面に出る緑の縁は仮想世界であることを表していたみたいですね。

一周目には気が付きませんでした。

 

 

 

総括するとこの作品は

「ストーリーの粗さを補って余りある素晴らしい音楽、グラフィック、演出の良作」

といったところでしょうか。

個人的には十分に楽しめたので過度な期待をしなければ値段に見合った価値があるかと思います。

おすすめです。

 

それではまた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

S18使用構築~初めての厨パ~【最高1500最終1486】

どうもかわです。

S18で使用した構築について書かせていただきます。

初めての構築記事なので至らぬ点も多々あると思いますがご了承ください。

 

今回使用した並びはこちら。

f:id:kawaimpotent:20161102153632p:plain

ガルガブゲンボルトバシャスイクン

所謂対面厨パです。

 

使ってみた印象としては

「並びが強ければ勝てるわけではない」

というのが正直な感想です。

 

それでは個体解説に移ります。

 

 

 

f:id:kawaimpotent:20161102154321g:plain

ガルーラ

性格:陽気

持ち物:ガルーラナイト

特性:肝っ玉

メガ前実数値:13-7-6-x-6-7

技構成:がむしゃら/カウンター/きあいパンチ/捨て身タックル

 

このパーティのコンセプトであり軸であるレベル1ガルーラ。

育成がめんどくさかったので孵化したてほやほやです。

と言うか後5体分書くのもめんどくさいのでここで終わります。

それではまた。

 

 

 

ガイジニートは超絶面白いラノベの夢を見ない

こんばんは。かわです。

もうすっかり秋ですね。寒い。

今日は僕の好きなラノベについてつらつら書いていきます。

 

僕はラノベ遍歴があまりなく、そもそも大衆文学すらあまり読まない非読書家なので、あまり参考にならない点も多々見受けられると思いますが、それでもこの本が面白いことは保証できます。

 

それがこちら。

f:id:kawaimpotent:20161027212915j:plain

青春ブタ野郎シリーズです。(画像は1巻のもの)

既刊7巻で電撃文庫より刊行されているこのシリーズですが、とにかく面白いです。

 

語彙不足も甚だしいですが、読めばわかりますだから読んでください。

というのは流石に傲慢でエゴに満ちてると思うので少しだけ紹介します。

 

 

まずはあらすじ。

これは書くのがめんどくさいので某Amazonからコピペします(クズ)。(以下引用)

 

図書館にバニーガールは棲息していない。その常識を覆し、梓川咲太は野生のバニーガールに出会った。しかも彼女はただのバニーではない。咲太の高校の上級生にして、活動休止中の人気タレント桜島麻衣先輩だ。数日前から彼女の姿が周囲の人間に見えないという事象が起こり、図書館でその検証をしていたらしい。これはネットで噂の不思議現象“思春期症候群”と関係があるのか。原因を探る名目で麻衣とお近づきになった咲太は、謎の解決に乗り出す。しかし事態は思わぬ方向に進み―?空と海に囲まれた町で、僕と彼女の恋にまつわる物語が始まる。『さくら荘』コンビが贈る、新たな青春ストーリー。

(以上引用)

 

少し話がそれますが作者の前作に「さくら荘のペットな彼女」があります。

f:id:kawaimpotent:20161027214020j:plain

これも僕は大好きです。

JCSTAFFによってアニメ化されて炎上したのでそれで知った方も多いのではないでしょうか。

この作品は既刊10巻(番外含めると13巻)で完結しているのですが、

アニメ化されているのは6巻までで、7巻以降の話がそれまでとくらべて5割増しくらいで面白いので、

アニメは好きだったけど続きが気になるという方がもしいたら是非読んでみてください。

僕は8巻を読んで泣きました。

 

 

さて本題に戻ります。

青春ブタ野郎シリーズのどこが面白いのか挙げていきます。

 

まずひとつめが

キャラの絶妙な距離感 です。

 

主人公の人の良さも相まってか、キャラ同士の絡みがとても自然で、

読んでいていて笑みがこぼれます。

 

また、作者である鴨志田一が「付き合うことはゴールではない」と提唱する通り、

彼氏彼女の関係はもちろん、異性と交際している者とそうでない者の関係も如実に書き表していて、その点で付き合って終わってしまう他のライトノベルと一線を隠しています。

 

 

ふたつめが

ヒロインの可愛さ です。

 

この作品はメインヒロインである

f:id:kawaimpotent:20161027224109j:plain

桜島麻衣と巻ごとに変わる話の軸となるヒロインを中心に展開されていくのですが、

 

それらのヒロイン全員が可愛いです。

また、溝口ケージ氏の挿絵も素晴らしいです。

 

 

最後3つめが続きが気になるストーリー です。

 

あらすじにもある通り主人公とヒロインは思春期症候群にかかり、それにまつわる謎を巡ってストーリーが進んでいきますが、とにかく続きが気になり、まさにページをめくらされるという感覚です。

SF要素に関しては正直納得いかない部分もありますが、そこはライトノベルらしく強引とも言えるようなテンポの良さで話が展開され、冗長さを感じさせません。

地の文も簡潔で読みやすく、気持ちよく読み進めることができます。

 

以上が僕が青春ブタ野郎シリーズをおすすめする理由です。

よかったら読んでみてください。

それではまた。

 

 

 

リゼロはなぜ今期の覇権アニメ足り得るのか

どうもかわですこんばんは。

今日は秋を予感させる涼しさが見受けられましたが皆さんいかがお過ごしですか。

 

夏もいよいよ終わりが近づいてきましたが、同様に夏アニメも終わりの時がやってまいりました。

季節が移ろうのは早いものですね。

 

さて本題です。

今回は先日最終回を迎えたTVアニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」についてつらつら書いていきます。

f:id:kawaimpotent:20160922004455j:plain

4月から今までの2クールにかけて放送されてきた本作、

僕はあまり円盤の売上を気にしないのですが、春アニメではマクロス⊿に次ぐ2位でした。

ではなぜこの作品が面白いのか、一体なにがこの作品を面白くさせるのか、自分なりに考えてみました。

 

勿論WHITE FOXが作るアニメだけあって作画演出ともにとても良く、ヒロインの可愛さや続きが気になる引きからのEDなど、上げればキリがないほど売れる要素があるのですが、それとは別に他のアニメと違う良さがあると感じました。

 

それが「主人公のウザさ」です。

 

本作の主人公夏木スバルは1話から最終話までとてもウザイです。

特に前半はそれが顕著で、視聴をやめてしまった方も多くおられると思います。

実際僕も夏木スバルのウザさが自分のウザさと重なり、同族嫌悪を感じ、見るのが苦痛でした。

そして24話まで見てもそれは変わりませんでした。

 

うーん、これはうんち!w

 

やっぱりラブライブが一番です!

f:id:kawaimpotent:20160922012806j:plain

おわり

ひまつぶしひつまぶし 其の二

どうもかわです。

前回


の続きです。

 

南館を出ると今度は橋を渡って隣接しているポートビル7階の展望台に行きます。

f:id:kawaimpotent:20160817003132j:plain

この橋から眺める景色も中々に良かったです。

 

 

展望台では名古屋港周辺の景色を一望できます。

f:id:kawaimpotent:20160817003211j:plain

南極観測船ふじも鳥瞰してみることができます。

上から見るととても壮観です。

 

余談ですが其の一で載せた名古屋港水族館の写真もここで撮りました。

 

展望台を後にして次は3階の海洋博物館に行きました。

 

 

ここにはたくさん文字が書いてありました。

30秒で踵を返します。

次です。

 

 

先ほど上から見た南極観測船ふじに行きます。

 

 

ここは個人的に凄く良かったです。

船の中には実際に使われていたものがあり、マネキンによって当時の様子が再現されています。

 

水族館単独券と4施設共通券の差額は400円ですが、400円のためにここに行かないのは勿体ないと思います。

 

 

 

f:id:kawaimpotent:20160817011137j:plain f:id:kawaimpotent:20160817011159j:plain

部屋の中まで丁寧に再現されています。

f:id:kawaimpotent:20160817013421j:plain

こういった寝室を見ると普通のベッドで寝られることが有り難く思えますね。

 

船を出ると甲板に出られます。

 f:id:kawaimpotent:20160817111159j:plain

ヘリコプターがありこれもまた立派です。

みていてワクワクします。

船から見る景色も良かったです。

 

さて、これで施設を全て回り終えたので水族館とはお別れです。

 

時計を見ると14時。

4時間だけの滞在でしたが、いざ帰路につくとなるととても大きな寂寥感に襲われました。

年甲斐もなく帰りたくない、もっと居たいという思いが胸の中に渦巻いていました。

それと同時に、こんな風に寂しがることができる自分がいることをなぜか嬉しくも思いました。 

 

再び余談ですが、僕が好きなBUMP OF CHICKENのrayという曲にこんな歌詞があります。

「寂しくなんかなかったよ ちゃんと寂しくなれたから」

 

一見意味がわかりませんが、寂しくなるれるのは君がいた証拠であるから寂しくはないという意味だそうです。

 

そう考えるとこの寂しさも貴重なものに思えてきますね。

 

 

ところで、実はこの水族館に来たのは初めてではありません。

5年前中学生のときに親に連れられて家族で来たことがあります。

なのでここに来るのは2回目です。

 

ですが、連れてこられるのと、自分で計画して行くのとでは、

感覚的に全くと言っていいほど違いがあります。

また、過去に見た景色をもう一度見ることで、当時の自分を思い出すことが出来たり、独特の懐かしさに似た感動を得ることができると思います。

 

そういう点で、家族旅行で行ったことがある場所に再び行ってみるのも一人旅の醍醐味だと僕は思います。

 

 

さて、そんなこんなで水族館を後にした僕は、

まだお昼ごはんを食べてないことに気づきます。

 

 ということで再び地下鉄名港線名城線に乗り、矢場町駅へ向かいます。

 

矢場町駅に着いたのでついでに隣の松坂屋5階のポケモンセンターにも行ったのですが、如何せん人が多くて何も買わずに回れ右して戻ります。

 

そして食べに来たのが来たのがこちら。

f:id:kawaimpotent:20160817153322j:plain

矢場とんです。(画像は公式サイトからの転載)

ひつまぶしは高いのでまた今度。味噌カツの定食を食べました。

 

前回まで僕は名古屋駅矢場とんでしか食べたことがなかったのですが、

今回は矢場町の本店に行ってみました。

お一人様だったのと時間が遅かったのもあって、ちょうど席が空いていて、

割とすぐに食べられました。

 

印象に残ったのは名古屋駅店と違ってキッチンが丸見えなことです。

待ち時間は作ってるところを見ることが出来ます。

「こうやってつくるのか」と感心しながら見ていました。

 

味は相変わらず美味しかったです。

ご飯おかわり可能なのもGOOD。

 

しかしやっぱり僕はキッチンから離れた場所で静かに食べるのが好きなので、

次からは立地の面からも名駅に行くと思います。

矢場町駅からの行き帰りで汗がだらだらになってしまうので。

 

さて、お腹も膨れて満足したところで次に向かったのは鶴舞公園です。

いい時間になってきて行けるのもあと1つか2つなのでちゃっちゃと周ります。

f:id:kawaimpotent:20160817155435j:plain

公園内にはたくさんの人がいました。

そして案の定みんなポケモンGOをやっています。

まるで任天堂に支配されてるかのような異様とも言える光景でした。

 

比喩が現実とならないことを願います。

 

といいつつも僕もその一員で少しだけポケモンGOをやりました。

f:id:kawaimpotent:20160817160039p:plain

やはり聖地というだけあってポケストップが大量にあります。

 

スマートフォンの充電もなくなってきて、日も暮れ始めたので、

鶴舞公園を後にします。

 

またまた地下鉄名城線に乗り、今度は伝馬町駅に向かいます。

 

そして駅から5分ほど歩いて訪れたのが熱田神宮です。

ここも名古屋観光の定番ですね。

訪れるのは初めてでした。

f:id:kawaimpotent:20160817160916j:plain

敷地に入ると厳かな雰囲気が漂います。

そのまま進み本殿へ向かいます。

f:id:kawaimpotent:20160817161538j:plain

参拝客は意外と少なかったです。

 

二礼二拍一礼をしてお参りをします。

 

お参りをするととても神秘的でいい気持ちになります。

そのため僕は一人で旅行にいくと必ず最後に神社を訪れるようにしています。

 

帰る時間になったのでこれにて名古屋観光は終わりです。

とても満足のいくものでした。

 

また近いうちに旅行に行きたいと思うそんな旅でした。

 

今回は18きっぷでの旅となったわけですが、

個人的に18きっぷでの日帰り旅行はかなりおすすめです。

 

というのも、ノープランでもなんとかなるのとため行動に移しやすいのと、

価格が安くすむため値段における相対的な満足を得られやすいからです。

 

悩みがある方や憂鬱な気分の方は、18きっぷを買って、

なにも考えずに、上りか下りかだけ決めて電車に乗ってみてはいかがでしょうか。

きっと外の世界だけでなく自分の内側にも新しい発見があると思います。

 

 長くなりましたが、ここまで読んでいただきありがとうございました。

ひまつぶしひつまぶし 其の一

どうもかわです。

 

初回の記事を投稿してから早3ヶ月が過ぎようとしており大変ご無沙汰してしまい申し訳ございません。(謝るのも無粋と言うか自意識過剰かと思われるかもわかりませんが)

 

さて今回は日記です。

本日名古屋に行って来てとても楽しかったので、その模様をお伝え出来たらと思い筆を執った次第です。

 

自己満足で完結しないようがんばって書きますが、恐らく出来ないのでそれでもご容赦くださる方は 読んでください><

 

それではつらつら書いていきます。

 

先ず今回名古屋に行くに至った経緯ですが、記事タイトルにもある通り、他でもない暇つぶしです。

お盆休みということで一昨日昨日今日とアルバイトの三連休を頂いたものの、特に予定もなく無為にすぎる日々に嫌気が差し、茫漠とした時間に耐えかねて電車に乗りました。

 

 

つきましては3ヶ月ぶりに名古屋に訪れたわけですが(前回は響け!ユーフォニアム劇場版を見に行きました)、今回は8月ということもあり青春18きっぷを利用しました。

土日ではないのでこっちのほうが名古屋往復きっぷよりも少し安いです。

 

青春18きっぷの良さは長くなるので別の記事で語るとして、浜松から1時間半ほど電車に揺られて名古屋に到着しました。

この時点で10時くらい。

 

電車を降りると真っ先に襲ってきたのが名古屋の暑さでした。ジメジメした熱気から逃れんと僕はそそくさと目的地を目指します。

 

 

そして金山駅から地下鉄名港線でまた電車に揺られ到着したのがこちら。

f:id:kawaimpotent:20160816223336j:plain

名古屋港水族館です。

名古屋観光の定番ですね。でかいです。

 

通路を進み、暑さにひいひい言いながら4施設共通のチケット(2400円)を、高いなあ、と思いながらも購入します。

 

そして人混みをかき分け、水族館の中に入ると

 

涼しい!

先ほどまでと一転して快適な空間を得られます。

 

f:id:kawaimpotent:20160816224623j:plain

さらに目の前にどでかいイルカの水槽が飛び込んできて、涼しさ倍増です。

 

f:id:kawaimpotent:20160816230440j:plain

隣にはシャチやアザラシの水槽があります。

こちらも迫力満点です。

 

その先もじっくり見ながらどんどん進んでいきます。

暑さから開放された僕に敵はいません。

 

入り口のある北館には他に、

f:id:kawaimpotent:20160816232707j:plain

 ベルーガの水槽や

 

f:id:kawaimpotent:20160816232900j:plain

たくさんのイルカがいるメインプールがあります。

 

このメインプールの上にあるスタジアムでイルカショーが行われる訳ですが、

f:id:kawaimpotent:20160816233149j:plain

 このイルカショーがとても良かったです。

思わず「すげえ」と呟きたくなります。

 

テンションが上がったところで、連絡通路をわたって南館に行きます。

 

南館には北館と打って変わって小さい魚がたくさんいます。

f:id:kawaimpotent:20160816234532j:plain

このチンアナゴ、以前行った宮島水族館のはほとんど動かなかったのですが、

ここのはにょきにょき動いてとてもかわいかったです。

f:id:kawaimpotent:20160816235344j:plain f:id:kawaimpotent:20160816234836j:plain

 

ファインディングドリーで話題のナンヨウハギもいて、子どもたちに大人気でした。

 

小さい魚だからといって迫力がないわけではありません

f:id:kawaimpotent:20160816235920j:plain

こちらの黒潮大水槽はその数の多さに、見ていて圧倒されました。

 

混んでいて写真が撮れなかったのですが大きなカニやタコ、ペンギン、サメなどなど他にもたくさんの見所があります。

 

南館も大満足でした。

 

其の二に続きます。